投稿者:hiro

祝・世界の二見勇気大先生 名門ニューイングランドコンサバトリーに編入入学

2016-01-24-01

2016-01-24-03

2016-01-24-04

I don’t think my life has gone as I expected. I first came to this country for the audition at Juilliard in 2013. However, I was not accepted. At that time, my TOEFL score was far below the requirement. Since my English needed to be improved and I never attended any universities in Japan, I decided to go to LaGuardia Community College to study English and earn some college credits. I thought while I studied English, I could expose myself to the great jazz scene in New York City. But the things went wrong, and I have had such a difficult time since then.

I was first put into ESL 97, which is the lowest level in school. This was the beginning of a nightmare. I studied English with many kids who just graduated high school. They didn’t have manners and they were mean. Some kept talking during the class and some made fun of me because of my poor English. Although I worked as a professional jazz pianist before coming to this country, I found myself taking fu*king ESL. No one had any idea why I was there. I felt like “This is not the right place I should be.” I had too much pride.
I tried to pass the CUNY assessment test as soon as possible so that I could take regular college classes. I spent a lot of energy studying English instead of practicing piano. It took half a year to finish all of my ESL classes, and I finally passed the CUNY assessment test. I was happy and I thought I could now concentrate on my own stuff. However, things get worse. As soon as I started taking regular college classes such as philosophy, history, and English writing, I was really overwhelmed with a lot of homework. Since I was struggling with English (I am still struggling with this. What a difficult language English is!!!!), I had difficulty in understanding the lectures. This was really frustrating for me.

However, this frustration and conflict made me tough. I became more patient and able to determine what I have to focus on in order to achieve my future goal. Also, because I used the limited time for both my practice and study in an efficient way, I am much better at time management than before. My English improvement also gave me confidence. I realized that I couldn’t do anything but music, but now I have a lot of potential to improve my ability outside of music.

I also had the opportunity of meeting great people here. Many students have financial difficulty and I know many students work from early morning before the class and then work again until late night to support their families. I rarely met those kind of students in Japan. They were really motivated me to work harder and harder. All of my professors were great! They really supportive and always willing to help me and they often cheered me up for my dream.
Outside of school, I was fortunate to meet and play with great musicians, Jeff Dingler, and Michael Winnicki. Last summer, I released my own album and went to Japan with them for a music tour. I had a great time and memorable experience in my life and I’m very proud of having played with them. (Guys, these guys are really killing. Please continue to support them!!)

Since my parents and I face financial difficulties, it’s getting hard to pay the tuition here. I applied to as many music schools as possible and New England Conservatory accepted me with a favorable scholarship. So, I decided to go to Boston. This is not what I expected until recently.
It is true that life doesn’t go as one expects. But it is both in a positive way and bad way that breaks even. I want to enjoy this journey. I will practice piano hard and I will be much better. I’m not young. I am 28 years old, but I believe it is never too late to seek my goal, which is to become the sexiest pianist in the world. I want to show this to be true.

(報告)
私事ではありますが、この春ニューイングランドコンサバトリーというボストンの音楽大学に編入入学をする事になりました。

(これまでの経緯)
私は2013年に渡米し、それ以来ニューヨーク州立ラガーディアコミュニティーカレッジに通ってきました。英語が本当に酷かったので最初にESLをとらされ、その後一般教養の勉強に精を出してきました。これまで日本国内で大学に通った事がない私は初めて受ける高等教育に最初はワクワクしました。また大学の単位をアメリカで取得出来ることに喜んだものでした。しかしこの二年間は想像していた留学生活と大きく異なるものでした。短大と言えど宿題は沢山出るため、それに多くの時間を割かねばならなかったからです。英語の壁があるために講義を理解したり、宿題をこなすのも人一倍苦労しました。ピアノの練習時間が極端に減りました。これは物凄いフラストレーションでした。週に1.2回ギグをこなすのがいっぱいいっぱいで、ニューヨークにいながら、なかなかジャズのセッションやライブに行けませんでした。しかし、限られた時間の中で以前よりも効率よく勉強とピアノの練習が出来るようになり、音楽と学業との両立を目指してきました。学外で出会った素敵なミュージシャン達にも恵まれました。この夏ジェフディングラー、マイケルウィンニッキと日本でツアーをやったのも最高の思い出になりました。

(編入のきっかけ)
アメリカの大学で修士をとるのが当面の目標ですが、その為に音楽大学を卒業するか、普通大学を卒業するか迷いました。日本で大学に行ったことのない学のない私は当面一般教養の勉強に専念するべきではないかという思いもありました。短期大学の卒業まであと少しだったので、ラガーディアに留まるかも迷いましたが、今回ニューイングランドから大変好意的な奨学金のオファーがあったのと、音楽プログラム、講師陣に魅力を感じ、また音楽に没頭したい気持ちが高まり思い切ってボストンに行くことに決めました。ニューヨークの素晴らしいジャズシーンを離れてしまうのは残念ですが、ボストンの素晴らしいミュージシャン達に出会えるのを楽しみにしています。

(ボストン)
ボストンはアメリカで最も古い歴史をもつ都市で街並みが美しく、日本の京都のような位置付けです。多くの大学、美術館や公園、緑に恵まれているので、暖かくなったらコーヒーを片手に散歩をし、思考に耽たいと思います。なんてイケメンなんでしょう。小さな街ではありますが、ハーバード、ボストン大学やMITを始めとする多くの名門大学があり、学生も多いことから、エネルギッシュな都市という印象を受けました。

(学校で何を学ぶか)
専攻はジャズですが、学校ではクラシックピアノ、作曲を中心に学びたいと考えています。酷いピアノテクニックと和声の知識の浅さを何とかしたいと思います。ニューヨークのライブを見る機会が減りますが、その分落ち着いた環境で練習に没頭し、今はテクニックの向上と知識の向上に励みたいと思います。今期は世界的なジャズミュージシャンであるジェリーバーガンジー氏に手ほどきを受けることになりました。和声、アンサンブル、リズム等の豊富な知識を持つ熱心な教育者でもあり、世界の第一線で活躍してきた経験豊富なミュージシャンに直接教えを乞うのは非常に光栄な事でもあり、精進せねばなと思う次第です。気持ちを引き締め勉学に励みたいと思います。夜や週末はボストン交響楽団(あの世界の小沢征爾が長年常任指揮者を務めたオーケストラ)や学内のコンサートのリハや公演をNECの学生は無料で聴ける特権を生かし、出来るだけ足を運びたいと思っています。良い音楽を沢山聞いて自分の音楽の成長に生かしたいと思います。

(最後に)
いつも応援して下さる両親、恩師、友人、知人、仕事関係の方、等など・・・皆様に感謝申し上げます。これからも二見勇気への変わらぬご支援をよろしくお願いします。

2nd アルバム “Moonlight Serenade” 発売情報

二見勇気トリオジャパンツアー2015の後も多くの方からCD購入の要望を承わっています。
本当に皆様のご支援に感謝いたします。頭が上がりません。
CDは店頭やインターネットの流通にはのせていないので、本サイトのコンタクトページからご連絡をいただければと思います。
コンタクトページはこちらです。

続きを読む

Information

Bucharest International Jazz Competition 2017 で2位入賞!
詳細はこちらから。

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031