カテゴリー:Blog

The World Class Sexy Jazz Pianist, Yuki Futami, Finally Arrived at Boston! 天才イケメンピアニスト二見大先生ボストン修行日記

【English】
Sorry for not updating my diary for a while. I’ve just been busy with the school and practicing piano hard ever since I moved to Boston. There are so many things I want to say, but to make a long story short, I’ve got my new life off to a good start so far and I really like life in Boston. Boston is such a beautiful city with a lot of amazing scenery and rich history. Every morning I enjoy walking and seeing old buildings on my way to school. People here are friendly and welcoming so it didn’t take very long to get used to my new life. When I’m not busy with school, I hope to get to know about this city.

In school, I am so fortunate to be surrounded by many great students and faculty. This semester, I am studying with Jerry Bergonzi and Frank Calberg. Both of my teachers are my heros! All of the classes I’m taking are interesting and practical. It’s hard to explain but… I remember my solfege professor said taking different kinds of music classes at the same time is the most effective way to improve music abilities because they are interacted with each other and I agree with that. Right now I am taking solfege 2, tonal practice 1, music history class, some jazz ensemble classes, and LARTS 221 (Role of Music in Narrative Filmmovie and film) lol. In fact, after taking these classes, the way I practice has changed and I have found a lot of improvement in my music (I strongly hope)

There’s so much great music going on at my school and around the whole city. I enjoy going to see student’s recitals in school almost every night (mainly just to get free food) I also like to go to the Symphony Hall to see the BSO during weekend. It’s amazing that I have access to see one of top orchestras in the world every week for free and it’s literally one block away from school!!

I can definitely say that my time at NEC so far has been one of the greatest times in my life. I am so filled with gratitude for having great education here at NEC and I am so thankful for my parents and people who always support me. I also really appreciate the double sheets of toilet paper in the bathroom at school!! I’ll just keep practicing piano and study English hard to become more sexy. Thank you so much Arigatou Gozaimasu!!

【波乱万丈ゆうこのボストン留学日記パート①】

最近HPの更新が滞っていました。ごめんなさい。私は元気です。春休みを利用して近況報告を書く事にしました。ボストンに来て早3ヶ月が経ちました。噂には聞いていましたが、ボストンは街並みが美しく、歴史があって、緑が多く、治安も良く、学生が多く過ごしやすいです。学校から徒歩圏内のお手頃な物件を見つけロシア人とルームシェアをしています。キッチンがあるので自炊をするようになり、5キロ痩せました。

卒業に3年かかるはずでしたが、学部長に2年半で卒業出来るように交渉し特別なカリキュラムを組んでくれました。なので現在16単位とっています。これに加え色々なバンドやイベントのリハーサル等もあるので、正直忙しいです。対位法、ソルフェージュ、音楽史、ジャズアンサンブルのクラスを2つとって、個人レッスンも毎週あります。あと一般教養として映画の音楽について研究するクラスをとっています。(一般教養のクラスでも音楽に関係しているのが面白いと思いました。)ニューヨークの短大でとった単位は全て移行され、もう哲学や、西洋史らをとらずにほとんど音楽の事を考えればいい毎日なので幸せです。個人レッスンは2人の方についているのですが、1人は日本でも有名な教本を出したあのジェリーバーガンジー氏です。ジョークばっかり言っていて変なおじさんだなって思っていましたが、最初のレッスンを受けた時に衝撃を受け、非常にストイックな練習法と、膨大なジャズの理論を教えてもらっています。恩師の期待に応えられるように頑張る次第です。

個人差はありますが、NECは優秀な学生が多く、他の学生から多くの刺激をもらっています。特にアメリカはジャズの低年齢化が著しく、大学一年生(18歳)なのに、プロ顔負けの演奏をする学生がチラホラいます。5年後、いや3年後にはどうなっているのか、、、私も負けては入られません。学内では毎晩のように、どこかのホールで学生のリサイタルや外部のミュージシャンを招いたコンサートがあり、どのコンサートも質が非常に高く音楽漬けの日々です。著名なジャズミュージシャンのクリニックも頻繁に行われ、これまでにAaron Goldberg, Ethan Iverson, Dave Holland, Jason Moran氏などの前で演奏する機会を得て、多くの称賛やアドバイスをもらい貴重な経験となりました。

NECの学生はボストン交響楽団の定期演奏会が無料で聴けるので、週末は学校から100m先のシンフォニーホールに必ずと言っていいほど足を運びます。今最高な環境の中で毎日音楽生活を送れていて、この上ない幸せです。両親、応援してくださる方に深く感謝し、一日一日を大事にして精進しなければいけないと思う次第です。

祝・世界の二見勇気大先生 名門ニューイングランドコンサバトリーに編入入学

2016-01-24-01

2016-01-24-03

2016-01-24-04

I don’t think my life has gone as I expected. I first came to this country for the audition at Juilliard in 2013. However, I was not accepted. At that time, my TOEFL score was far below the requirement. Since my English needed to be improved and I never attended any universities in Japan, I decided to go to LaGuardia Community College to study English and earn some college credits. I thought while I studied English, I could expose myself to the great jazz scene in New York City. But the things went wrong, and I have had such a difficult time since then.

I was first put into ESL 97, which is the lowest level in school. This was the beginning of a nightmare. I studied English with many kids who just graduated high school. They didn’t have manners and they were mean. Some kept talking during the class and some made fun of me because of my poor English. Although I worked as a professional jazz pianist before coming to this country, I found myself taking fu*king ESL. No one had any idea why I was there. I felt like “This is not the right place I should be.” I had too much pride.
I tried to pass the CUNY assessment test as soon as possible so that I could take regular college classes. I spent a lot of energy studying English instead of practicing piano. It took half a year to finish all of my ESL classes, and I finally passed the CUNY assessment test. I was happy and I thought I could now concentrate on my own stuff. However, things get worse. As soon as I started taking regular college classes such as philosophy, history, and English writing, I was really overwhelmed with a lot of homework. Since I was struggling with English (I am still struggling with this. What a difficult language English is!!!!), I had difficulty in understanding the lectures. This was really frustrating for me.

However, this frustration and conflict made me tough. I became more patient and able to determine what I have to focus on in order to achieve my future goal. Also, because I used the limited time for both my practice and study in an efficient way, I am much better at time management than before. My English improvement also gave me confidence. I realized that I couldn’t do anything but music, but now I have a lot of potential to improve my ability outside of music.

I also had the opportunity of meeting great people here. Many students have financial difficulty and I know many students work from early morning before the class and then work again until late night to support their families. I rarely met those kind of students in Japan. They were really motivated me to work harder and harder. All of my professors were great! They really supportive and always willing to help me and they often cheered me up for my dream.
Outside of school, I was fortunate to meet and play with great musicians, Jeff Dingler, and Michael Winnicki. Last summer, I released my own album and went to Japan with them for a music tour. I had a great time and memorable experience in my life and I’m very proud of having played with them. (Guys, these guys are really killing. Please continue to support them!!)

Since my parents and I face financial difficulties, it’s getting hard to pay the tuition here. I applied to as many music schools as possible and New England Conservatory accepted me with a favorable scholarship. So, I decided to go to Boston. This is not what I expected until recently.
It is true that life doesn’t go as one expects. But it is both in a positive way and bad way that breaks even. I want to enjoy this journey. I will practice piano hard and I will be much better. I’m not young. I am 28 years old, but I believe it is never too late to seek my goal, which is to become the sexiest pianist in the world. I want to show this to be true.

(報告)
私事ではありますが、この春ニューイングランドコンサバトリーというボストンの音楽大学に編入入学をする事になりました。

(これまでの経緯)
私は2013年に渡米し、それ以来ニューヨーク州立ラガーディアコミュニティーカレッジに通ってきました。英語が本当に酷かったので最初にESLをとらされ、その後一般教養の勉強に精を出してきました。これまで日本国内で大学に通った事がない私は初めて受ける高等教育に最初はワクワクしました。また大学の単位をアメリカで取得出来ることに喜んだものでした。しかしこの二年間は想像していた留学生活と大きく異なるものでした。短大と言えど宿題は沢山出るため、それに多くの時間を割かねばならなかったからです。英語の壁があるために講義を理解したり、宿題をこなすのも人一倍苦労しました。ピアノの練習時間が極端に減りました。これは物凄いフラストレーションでした。週に1.2回ギグをこなすのがいっぱいいっぱいで、ニューヨークにいながら、なかなかジャズのセッションやライブに行けませんでした。しかし、限られた時間の中で以前よりも効率よく勉強とピアノの練習が出来るようになり、音楽と学業との両立を目指してきました。学外で出会った素敵なミュージシャン達にも恵まれました。この夏ジェフディングラー、マイケルウィンニッキと日本でツアーをやったのも最高の思い出になりました。

(編入のきっかけ)
アメリカの大学で修士をとるのが当面の目標ですが、その為に音楽大学を卒業するか、普通大学を卒業するか迷いました。日本で大学に行ったことのない学のない私は当面一般教養の勉強に専念するべきではないかという思いもありました。短期大学の卒業まであと少しだったので、ラガーディアに留まるかも迷いましたが、今回ニューイングランドから大変好意的な奨学金のオファーがあったのと、音楽プログラム、講師陣に魅力を感じ、また音楽に没頭したい気持ちが高まり思い切ってボストンに行くことに決めました。ニューヨークの素晴らしいジャズシーンを離れてしまうのは残念ですが、ボストンの素晴らしいミュージシャン達に出会えるのを楽しみにしています。

(ボストン)
ボストンはアメリカで最も古い歴史をもつ都市で街並みが美しく、日本の京都のような位置付けです。多くの大学、美術館や公園、緑に恵まれているので、暖かくなったらコーヒーを片手に散歩をし、思考に耽たいと思います。なんてイケメンなんでしょう。小さな街ではありますが、ハーバード、ボストン大学やMITを始めとする多くの名門大学があり、学生も多いことから、エネルギッシュな都市という印象を受けました。

(学校で何を学ぶか)
専攻はジャズですが、学校ではクラシックピアノ、作曲を中心に学びたいと考えています。酷いピアノテクニックと和声の知識の浅さを何とかしたいと思います。ニューヨークのライブを見る機会が減りますが、その分落ち着いた環境で練習に没頭し、今はテクニックの向上と知識の向上に励みたいと思います。今期は世界的なジャズミュージシャンであるジェリーバーガンジー氏に手ほどきを受けることになりました。和声、アンサンブル、リズム等の豊富な知識を持つ熱心な教育者でもあり、世界の第一線で活躍してきた経験豊富なミュージシャンに直接教えを乞うのは非常に光栄な事でもあり、精進せねばなと思う次第です。気持ちを引き締め勉学に励みたいと思います。夜や週末はボストン交響楽団(あの世界の小沢征爾が長年常任指揮者を務めたオーケストラ)や学内のコンサートのリハや公演をNECの学生は無料で聴ける特権を生かし、出来るだけ足を運びたいと思っています。良い音楽を沢山聞いて自分の音楽の成長に生かしたいと思います。

(最後に)
いつも応援して下さる両親、恩師、友人、知人、仕事関係の方、等など・・・皆様に感謝申し上げます。これからも二見勇気への変わらぬご支援をよろしくお願いします。

二見勇気トリオジャパンツアー全国版チラシ

【ジャパンツアー全国のライブの予定です。】*チラシ等更新しました。

今回ビザの関係で一部のライブのスケジュールを一時公開できませんでした。直前まで発表できず関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。このツアーを実現するまでに、ほんと~に多くの方に沢山のご協力を頂きました。頭が上がりません。そしていつも応援して下さる友人やお客さんに本当に感謝しております。とにかく一生懸命練習をして上手くなって「こいつを応援して良かった」と言われるように頑張ります。初めてのツアーで期待と不安で一杯ですが、きっと素晴らしいツアーになる確信があります。この自信はこの2年間の演奏力の向上から来ているのかもしれません。音楽スキルの向上と自信はニューヨークに行ったことの一つの収穫です。トリオ一同一層頑張って参ります。この夏日本各地で皆様にお目にかかることを楽しみにしております。

★★★★★★★★★★★★東京のライブ★★★★★★★★★★★★★★★★
東京のライブは12日 南青山「Body & Soul」・13日 吉祥寺「サムタイム」・21日 「東京TUC」です。このどれかに来て頂けたらと思います。(特に現在12日南青山「Body & Soul」21日の「東京TUC」のライブの集客に力を入れています。どうか皆様のご支援よろしくお願いします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

5日 南与野 「Jazzmal」
二見勇気トリオ
http://saxyuq.com/jazzmal/
7日 入間市文化創造アトリエ・アミーゴ 「ピアノパラダイス」
二見勇気トリオ+大山裕美 (vo)
https://www.facebook.com/events/968476413172559/
9日 銚子 「附木屋」
二見勇気トリオ+鉄五郎 (vo)
http://tabelog.com/en/chiba/A1205/A120501/12015601/
10日 鹿嶋市 「Scratch」
二見勇気トリオ+鉄五郎 (vo)
https://www.facebook.com/JazzBarSCRATCH
★12日 南青山「Body & Soul」
二見勇気トリオ
http://www.bodyandsoul.co.jp/
★13日 吉祥寺「Sometime」
二見勇気トリオ
http://www.sometime.co.jp/sometime/live.html
14日 静岡「Lifetime」
二見勇気トリオ
http://www.fugetsuro.co.jp/lifetime/
15日 名古屋「Star eyes」
二見勇気トリオ
http://www.stareyes.co.jp/
17日 北新地「Crescent」
二見勇気トリオ+(vo) 臼井優子
http://www.jazz-crescent.com/
18日 大阪難波 「B-Roxy」
二見勇気トリオ
http://www.b-roxy.com/
★21日 秋葉原「東京TUC」
二見勇気トリオ
http://www.tokyotuc.com/
22日 猿ヶ京温泉「Humpty Dumpty」
二見勇気トリオ
http://www.sarugakyo-navi.jp/humpty.html

*スタート時間や、チャージなど詳細はHPをご覧になってご確認頂ければと思います。またご予約は基本的にお店に直接ご連絡いただいた方がスムーズですが、もしご質問などありましたらお気軽にどうぞ私までお問い合わせ下さいませ。

・チラシは3000枚あります!全国どこでもかまいません。もし貰って下さる方、お店などおける場所をご存知の方がいましたら教えて下さい。早急に実家から郵送いたします。

・都内のCDショップ、楽器店、ジャズクラブ等をこれから歩いて回ってチラシを置いてもらうようにお願いします。早くキースジャレット位有名になってこんなことしなくてもいいようになりたいです。街で短パンビーサンの変なおじさんを見かけたら声を掛けて下さい。私です。チラシは常に持ち歩いているのであげます。

1-page-001 (451x640)

二見勇気トリオニューアルバム「ムーンライトセレナーデ試聴ページ」

ジャズ史に残る名盤「ムーンライトセレナーデ」御試聴はこちらでございます(^_^)/

遂に8月にリリースします!!
この夏の二見勇気トリオが出演するライブ会場でお求め頂けます♪
夏のツアー後はレコード店やアマゾン、インターネット販売等の流通を考えています。
トリオのメンバーとイケメン二見さんが日本にいる間にお求め頂く事を強くオススメ致します。
二見画伯のオリジナル直筆サインと似顔絵を描かせて頂きます。(◍•ᴗ•◍)

アルバムは自身のオリジナル2曲、ジャズスタンダード7曲、日本の童謡が1曲で構成されており、一曲一曲心を込めて演奏しました。内容は自分で言うのもなんですが、非常に落ち着いた大人の演奏となっています。(ドラマー23歳。。。)ニューヨークに留学してもうすぐ2年ですが、音楽的に大きな成長があったことが自分でもこのアルバムで感じられます。本当にこのプロジェクトを進めて良かったと思います。

今回のCDを制作するに至り「green label」の小林道夫さん、小林ゆうこさんに多大なご協力を頂きました。道夫さんにはジャケットのデザイン、マスタリングをして頂き、ゆうこさんにはフライヤー制作やその他の業務をして頂きました。時間に追われる中、最後までこの作品の為に全力を尽くしていた代と事に深くお礼を申し上げたいと思います。お二人のお力なしにはこの名盤の完成はありませんでした。本当にありがとうございました。

沢山の思い出が詰まったこのCDの発売が非常に楽しみです♪
そして日本の各地でこのトリオのメンバーと皆様の前で演奏するのがもう待てません!!
みんな~~CD買ってね~~~(●^o^●)ライブ来てね~~

二見勇気トリオ「ムーンライトセレナーデ」のプロモーションビデオ発表!!

動画はこちらから(●^o^●)

~~~二見勇気トリオ「Moonlight Serenade」PVが遂に公開!!~~~

日本のジャズ史に残る不滅の名盤二見勇気トリオ「ムーンライトセレナーデ」のプロモーションビデオが出来上がりました!!
是非ご覧になって下さい!!この夏日本先行発売です!!詳細は近日中にアップいたします。

あ~あ本当にこの夏が楽しみです!!(*^_^*)CDは会場で直接お買い求め頂けます。!!
ツアーの後はアマゾンやitunes、レコード店での流通を考えていますが、是非ライブ会場に足を運んでメンバーのサインをもらってくださいね!!

ニューヨークに来て10キロも太っちゃったので、日本に帰ったら健康的な食事を心がけます。(・_・;)
ぶたみって呼んだら怒ります~~

Information

Bucharest International Jazz Competition 2017 で2位入賞!
詳細はこちらから。

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031