カテゴリー:Blog

ジャパンツアー2015 & New Album「Moonlight Serenade」発売のお知らせ

日本の皆様、大変ご無沙汰しています。長い間更新が滞っていて申し訳ありませんでした。久しぶりの更新です。皆様お元気でしょうか?

世界の二見になる事を誓いニューヨークに渡り早2年が経とうとしています。
色々な苦労がありましたが、非常に貴重な数々の経験をし、音楽的にも人間的にも大きく成長しました。

【今日は重大なご報告があって投稿させて頂きました。】(●^o^●)
なんと!!この夏!!NYCの素晴らしいベーシストとドラマーを連れてピアノトリオで日本のツアーを決行いたします。
2人とも若手ですが、数々の偉大なジャズミュージシャンとの共演を重ね、NYCでの有名ジャズクラブに多々出演し、海外の演奏経験が豊富です。
これから世界的に名を知られること間違いなし!凄まじいトリオの演奏になること必至です!
私自身も2年ぶりの帰国となるので、非常にこのツアーを楽しみにしています。是非会場に足を運んでいただければと思います。

日本各地を回りますが、東京公演は以下3つの会場になります。

8月12日 南青山 「Body & Soul」 03-5466-3348
8月13日 吉祥寺 「Sometime」0422-21-6336
8月21日 秋葉原「東京TUC」03-3866-8393 東京 (ツアー最終ライブ)【超オススメ!!】

【スペシャル特典】
なんと2つ以上の会場に足を運ばれた方には二見ゆうこ特製スペシャルスイーツをプレゼント!!
実はゆうこはお菓子作りが趣味だったのです!(*^_^*)

常にバンドのサウンドが変化しているので、全てのライブにお越しいただいても充分お楽しみいただけると自負しております。

今から手帳にチェックをお願いします!!!2年前のレコ発ライブはお陰様でどこの会場も完売となり東京TUCは立ち見が出る状況でした。ご予約はお早めにお願いします!!
ライブの予約は直接お店か、又は私にご連絡頂ければと思います。corage23@hotmail.co.jpまでお願いします。

またこのツアーと同時に、最近NYCで録音をしました新作「Moonlight Serenade」を日本で先行発売いたします!(お一人様5枚まででお願いします!!)

これから8月のツアーに向けて詳細(新たなライブ情報、メンバー情報等)を随時更新しておきます!!
是非HPのチェックを定期的にしてくださいね!!

この夏はディズニーランドに行かないで、二見勇気トリオと共に熱いゴキゲンな夏を過ごして頂ければと思います。
是非会場に足を運んでいただけますよう心からお願い申し上げます。
これからも二見勇気の応援をどうかよろしくお願いします。

11703262_675426829223941_4285544529512910103_o11539604_675426912557266_3713444353572960936_n

ピアノの練習 [piano practice]

ニューヨークに来てから非常に苦労している事の一つはピアノの練習場所の確保です。自分の通う大学には二つピアノの練習室があるのですが、いつも他の生徒と取り合いだったり、休日は閉まってしまいます。家にピアノが無いので、他の大学のピアノの練習室に行きます。ある時は、フラッシングのチャイナタウンのクイーンズカレッジ、ある時はハーレムのシティーカレッジ、またある時はユニオンスクエアのNYUに行ったりします。わずか4時間、少ない時は2時間の練習の為に片道一時間半かけて行きます。日本にいた時は24時間自分のグランドピアノで練習できていたのですが。今はボロいピアノの為に片道何時間もかけて、遠方まで出向かなければいけません。しかし、悪い事ばかりではありません。運動不足の私にとっては学校までのウォーキングは良い運動になります。街の綺麗な景色は時には癒しを与えてくれます。電車では出来るだけ本を読んで時間を無駄にしないようにしています。この試練は果たして私を成功へと導いてくれるのでしょうか・・・・

One of the things I have been struggling with since I came to New York is to get piano practice rooms. There are two piano rooms available in my college, but students are always fighting over the practice rooms, and sometimes they are locked because of holiday. Since I don’t have piano in my home, I go to some music colleges to practice the piano helped by some my friends who attend there. Sometimes I go to Queens College in China town in Flushing, sometimes I go to City College in Harlem, and sometimes go to NYU in Union Square. I spend one hour and half to get there just for four hours practicing, sometimes two hours. When I was in my country, Japan, I could always practice day and night with my grand piano. Now, I have to go far away and practice with old junk piano for a few hours. However, it’s not always bad things. For me who is lack of exercise, walking to the school is good exercise to me. Sometimes, the landscape in the town on a clear day heals every motion. As much as possible, I try to read a book in a train so that I don’t have to waste of my time on my way to college. I’m wondering if this challenge will lead my life to be successful.

写真 1

写真 2

写真 3

写真 4

ダイエット中 [I’m on a diet]

[Japanese]
長い間日記を更新していなくてごめんなさい。ニューヨークに来て丁度一年が経ちました。日本にいるファンの方々に忘れられないためにも、日記を再開する事にしました。今回から、英語と日本語の両方で日記を書くことにします。こちらで知り合った友達にも読んでもらえるからです。それに、英語の勉強の為にもなりますし!!出来るだけ続けていくつもりです。 もし文法の間違いを見つけたら訂正して頂いても構いません。英語が得意な方、もし何か間違いに気が付いたら教えて下さい!英語を上達させたいのです!

最近はダイエットと健康の為に、大学近くのSUBWAYに行って野菜のサンドイッチを買います。しかし、毎日野菜のサンドイッチを食べているのにもかかわらず、体重が減っているようには思えないのです。私が下した結論はサンドウィッチはダイエットに良くないという事です。

しかも、野菜のサンドウィッチはダイエットに向かないどころか、健康を害する恐れもあるのです。 最近、カット野菜がどのように日本の工場で作られるかという記事を読みました。それによると、 まず野菜は細かく切られ、塩酸に変色を防ぐために浸されるそうです。 その後、野菜は塩酸の臭いを取る為に、なんども洗浄されます。このようにして、野菜は 本来の栄養素を失い、私たちが店頭で買う時には、野菜はただの雑草になっているのです。

一体何を食べれば良いのか・・・・

[English]
Sorry for not updating my diary for such a long time. It’s been exactly a year since I came to N.Y.C. In order not to be forgotten by man of my audiences i my country, I decided to restart writing my diary. From this time, I am going to write a diary in Japanese and English so that my friends who I met in this country can read it. Plus, it’s also a good English practice for me. I am going to keep working on it as much as I can. I don’t care if you correct my grammatical mistakes in my diary. If someone who is good at English notices something wrong in my diary, I’d like him or her to let me know so that I can improve!

In these days, I often go to SUBWAY, a sandwich restaurant, near my college and buy a vegetable sandwich in order to lose weight and stay healthy. Despite the fact that I eat a vegetable sandwich everyday, I don’t seem to lose weight. My conclusion is that eating sandwiches is not a good diet.

Not only eating sandwiches is a good diet, but it may also harm our health. Recently, I read one article about how cut vegetables are made in food factories in Japan. According to the article, vegetables are cut into several pieces and immersed into muriatic acid to prevent them from darkening.  After that, they wash them many times because muriatic acid odor is too strong. Through this process, vegetables lose their nutritional benefits. When we purchase them in a store, they become just herb-nutritionally-deprived.

I don’t know what is edible…..

写真 2 - コピー

写真 1 - コピー

写真 3 コピー

The House on Jackson Heights Street 「Piano Lesson」

この日記は私が今読んでいる英語の小説「The House on Mango Street」(Sandra Cisneros著)に感銘を受け、自分も同じようなテイストでニューヨークでの近況を書いてみようと思って始めた物です。

「Piano Lesson」

大学の練習室で私がピアノを練習していると、良く生徒がドアをノックする。「君の演奏に感動した!」とか「こんな上手い演奏を誰が弾いているのか気になったんだ」みたいな事を言ってくる。
大抵は通りがかった生徒だ。中には音楽科の教授もノックする。「素晴らしい!この大学に君のような学生がいたなんて!今度私の自宅に来て一緒にピアノを弾かないか」と先週もそんな事を言われた。
普通大学だから起こり得る事なのかもしれない。

突如ピアノのレッスンを申し込んできた黒人の女学生サマラもそんな感じで現れた。

ある日私がピアノを練習していると、誰かがドアをノックした。
「今廊下でたまたま聴いていたら凄く感動したの・・・」
「自分もピアノが弾けるようになりたい!ピアノ教えてくれない?」とサマラ。

どの位弾けるのか尋ねたところピアノは触った事すら無いとの事・・・・

何から教えるべきか悩んだあげく、あえてジャズピアノから教えることにした。
クラシックだと基礎的な練習から始めなければならず、飽きっぽいアメリカ人には難しと思ったからだ。それにジャズヒストリーを教えれば自分の英語の勉強にもなるから。

さっそくオスカーピータソンの魅力について力説する私。
でも彼女はオスカーピータソンの事なんか知らない。

スウィングについて語る日本人の私。
スウィングって何?とアメリカ人のサマラ。

P.S
「The House on Mango Street」は短いそれぞれの物語によって断片的に構成されています。難しい英単語は使われていないので、簡単に読むことが出来ます。
しかし、その小説から著者が何を伝えようとしているのか、多くのメッセージを読み取らなければなりません。英語学習には最適の小説だと思います。是非原文で読まれることをお薦めします。

ニューヨークに来て早いもので3ヶ月が過ぎました。【音楽編】

思えばこの3ヶ月生活に慣れるので精一杯でした。英語の勉強も、ピアノ練習も思うように、出来ませんでした。
携帯電話やクレジットカードが急に使えなくなったり、病院から謎の高額の請求書が送られてきたり、頼んでもいないアマゾンの商品が送られてきたり・・・etc
どうでも良いことに沢山の時間を割かれました。生活に慣れてきた今やっと少しずつ、自分のやらなければならない事に打ち込めるようになってきたと思います。

この3ヶ月は音楽方面ではあまり仕事はしていませんが、少しずつミュージシャンや友達の繋がりを作ってきました。ニューヨークにきて最初の仕事は、バーでのBGM演奏でした。
こちらで活動されているボーカルのリョウコさんに誘って頂いて演奏しました。
1267180_584544678270134_508668716_o

また大学では、音楽科のギタリスト、トムデンプシーに誘って頂き、学内のイベントでBGMを演奏しました。
photo (9) - コピー

友達を少しでも作ろうと校内の音楽クラブに所属し、そのクラブが主催した校内のタレントショーでは2位を受賞しました。
photo (3)
photo (4)
photo (5)
photo (19) - コピー
残念ながら一位は逃しました。優勝した学生はとても才能のあるミュージシャンではありませんでしたが、上手にMCをこなし、皆の知っているポップスで観客を楽しませていました。
音楽以外の面でも工夫しなければいけないという事を学びました。

現在通っている大学は音楽大学ではないので、満足にピアノが触れない日々が続き辛いです。しかし、最近ではピアノが弾けるというだけで、クラスメイトや音楽科の教授陣に名前を覚えてもらえるようになりました。それから、ある日僕が練習室でピアノを弾いていたら、City Collegeの1年生の黒人の女学生がピアノを教えてくれないかと相談しに来ました。毎週ピアノを教える代わりに英語を教えてもらう事になりました。音楽大学では成し得なかったことかもしれません。環境のせいにしないで、これかれらも頑張ります。 【続く】

Information

Bucharest International Jazz Competition 2017 で2位入賞!
詳細はこちらから。

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031